皮を剥くだけじゃない

ピーラーの種類を知ろう

一般的なピーラーがあれば、ニンジンやジャガイモなど複数の野菜の皮が剥けます。
包丁を使うよりも手軽ですし安全なので、下処理の時間を短縮したい人におすすめのツールです。
最近は、キャベツの千切りをするためのピーラーが登場しています。
キャベツを半分に切り、断面にピーラーを当てるとすばやく千切りにできます。

キャベツの千切りは、料理の付け合わせに作る機会が多いです。
包丁を使う場合は難しいですし、太さが均一にならず見栄えが悪くなります。
千切りピーラーがあれば、お店のようなキャベツの千切りを家庭で簡単に実現できます。
最近はトウモロコシやオレンジなど、特定の野菜や果物を剥く専用のピーラーもあり、よく使う食材に合わせて選びましょう。

包丁やまな板がいらない

肉や野菜を切れる、キッチンバサミを購入するのがおすすめです。
これまでは食材を切る時は、包丁を使っていたと思います。
包丁はまな板とセットで使うもので、いちいち取り出し洗って片付けるのが面倒と感じる人が多いでしょう。
キッチンバサミがあれば、それだけで切れるので洗い物を減らせます。

食材を切り終わってからしっかり洗えるよう、分解できるタイプのキッチンバサミが便利です。
特に肉を切った後はキッチンバサミに雑菌がついている可能性が高く、そのまま他の食材を切ると、食材に雑菌が移ってしまいます。
また刃先が少しカーブしているキッチンバサミもあり、食材にフィットするので通常の形のキッチンバサミよりも使いやすいと言われています。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page Top